シェアハウスの管理人はイライラしたら負け【バイト体験談】

たくろー

働いた体験談、蓄積してます。

シェアハウスでのバイトと聞くと、学生寮の寮母さんのようなバイトだと思いませんか?

外国人の多いシェアハウスでは、家事を代行するバイトが増えてますね。

外国人ばかりのシェアハウスで
管理人バイトした体験談です。

住み込みで半年働いていました。

家事や掃除に慣れていても、

価値観が違いすぎる相手は

理解し難いもんです。

続けていく内に、

イライラが止まらなくなり
優しさを忘れていました。

この経験をもとに、
管理人バイトの不安や疑問に答えます。

[ads]

シェアハウスの管理人代行バイト

家事や掃除は慣れていても、外国人のシェアハウスは大変でした。

シェアハウス管理人代行は、

メインは掃除で、サブで人間模様をオーナーに伝える仕事です。

英語の勉強にちょうどいいからという理由だけでは、この仕事を続けるのは難しいかもしれません。

まず短気な人間には絶対無理です

諦めるもの肝心
寛大な気持ちで優しく続けないと続かない

そんな仕事でした。

それとバイトにしては、割と責任感重めです。

掃除はイライラとの戦い

まず汚いレベルがかなり高いです。

ある程度アバウトに掃除しても、作業量が多く疲れます。

働いていた場所は、30人の大規模ハウスで、週2で入ってました。

30人とかの大きいシェアハウスは、なぜか片付けるという感覚が薄くなってます。

「また次の人が使うから、このままでいいか」

こんな感じで、多少汚しても元に戻さない人が多いんです。

この連鎖で

週2で掃除をしてもかなり汚い状態になっています。

例えば、台所は暮らしていれば必ず汚れる範囲です。
30人近い人が毎日3回食事を作るとすると、1日で90回近くも食器やスポンジ、調理器具などが使われることになります。
その分、調理器具もコンロもたくさんありますし、流しも広いです。それでも、居住者がご飯をとる時間帯には混みます。

学生や若者ばかりのハウスは精神年齢低め

留学生やインターン生を多く受け入れているハウスは精神年齢低めで、汚すことに抵抗がなくなってました。

スタンダードがおかしくなってることがあるので、注意が必要です。

汚すぎて割に合わない時は、増員を求めるなどしないと身が持たない可能性もあります。

上手く続けていくなら、オーナーさんともちゃんと話し合う必要があります。

私個人の問題なのかどうかも含めて冷静になって考えると、話がまとまりやすいです。

[ads]

諦めて笑顔で対応すると楽になる

私がシェアハウスのバイトで学べたことは、2つあります。

①諦めも肝心

神経質にならず諦めることも肝心です。

なぜなら、身が持たないから。

掃除をしていると、だいたい誰が汚しているのか見当がつくようになります。

その人は知ってかしらずか、私が片付けても片付けても、また汚します。

もちろん働いているので、片付けることは当たり前です。

でも、どうしてもイライラしてしまうこともありました。

「なぜ、片付けないの?」と聞くと、

「いや、寝る前にいつもやるつもりだよ。」と返ってきました。

片付けるのは仕事でも、その日に一度掃除した場所はほっとこう。

切りがない。

人と人は埋められない距離感があるので、良い意味で諦めも肝心です。

②無理でも優しくする

大変大変と言っているとめげます。

ある時、イライラしている自分を見かねて、外国人が話しかけてきてくれました。

その時に自分の思ってることを吐き出すように伝えたら、

「なんだそんなことだったの。もっと早く言ってよ。」と軽く言われ

すぐに片付けをしてくれるということがありました。

怖い顔をして、怒ったりしても皆楽しくなくなってしまい

さらにやる気がなくなると気がつきました。

それからは気をつけてほしいことや、自分で片付ける引き時には笑いながら伝えるようにしています。

おかげで自分も楽しくバイトできるようになりました。

楽しくしたいなら努力が必要

掃除するのは当たり前ですが

楽しくやりたいならイライラしない努力が必要です。

非常識な住人がいても、

「ダメだよ。ちゃんと戻さないと。」

って笑いながら言える仲にならないと勤まらないです。

そういう関係ができると人間模様も分かるし、仕事しやすくなります。

ついでに時給も上がったりするので、良いことばかりです。

あわせて読みたい

シェアハウスは住む人も仕事する人も、悩みが多い所です。

これも見ておくと良いかもしれません。

悩む時間を最小限にするガイド

[ads]

最近の人気記事 3選です。

よく読まれている記事を3つ厳選です。なんだか働き方の変化も大きいですが、参考までに掲載しています。