SE向いてない新卒の傾向【受け身型人間で苦悩→自ら仕事とりにいって変化】

たくろー

働いた体験談、蓄積してます。

こんにちは、たくろーです。

新人のSEが、仕事もらえなくて悩んだけど、なんとか馴染めた話を伺いました。

せっかく配属したのに、仕事もなく必要とされないなんて辛そうです。新卒にはかなり堪えるんじゃないかなと感じました。

「いる意味ないんじゃないか?必要とされてないのになぜ配属されたのか?」

暗黒面に落ちると、どんどん落ちていきそうな気分です。

プログラムは習ったことあるけど、受け身型って理系だと結構多いんじゃないかと思います。特に、内向的な性格はSEに向いてない一面もあります。

受け身型でかなり苦悩して、仕事とりにいくスタイルにしたら変われた話です。

  • 新卒SEだけど、仕事なくて何をしたらいいのか?
  • 新卒SE始めたけど、思ってたのと違うがどうしたらいいのか?

そんな方は、役に立つかもしれません。

仕事を担当させてもらい、現場に貢献できるようになるために、参考になると思います。

新人SEが仕事もらうためにしたこと3つ

大卒後、IT会社のSEとして就職しました。

研修の後、プロジェクト配属され、「これから社会人として仕事を頑張っていこう」と張り切っていました。

いざ配属されると、ほとんど仕事がなくて研修の時と同じ勉強をするだけでした。

仕事を任されても、SEらしからぬカンタンな仕事ばかりで、

「これでいいのか?」と悶々としてました。

元々、大学でプログラミングを学んだ経験があり、いつになってたら開発の仕事ができるのかと、時間を持て余していました。

仕事がなく、何もすることがない勤務時間

やることがない時ほど、時間を長く感じてしまい、意欲を失う要因となります。

何もすることがないほど嫌なことはありません。

「なぜ上司は仕事をふってくれないのか?」と不満が募るばかり。

我慢ができなり、改善のため3つことをしました。

行動①:仕事は自発的に取りに行く

配属当初は何をすればいいかわからないので、受け身になってしまうと思います。

私もそうでした。

たまたま先輩が良くなかったのか、どこの会社もそういうものなのかは分かりませんが、

先輩から私に何かを任せようと動いてくれることがありませんでした。

そこで、手が空いた時は次の指示が来るのは待たず、

すぐに先輩に次の仕事を聞きに行くようにしていました。

ただ聞きに行くのも味気なかったので、

  • プロジェクトが持つ課題点
  • 不足している設計書等

を事前に洗い出しておきました。

そして、これらを自身のタスクとして実施してもいいか、聞くようにしていました。

積極的に自分で行動しておけば、それだけ、自身の成長に繋がります。

さらに、先輩たちからも一目置かれる存在になるはずだと思って前向きになることにしました。

任せてもらえる仕事がない場合もあります。その時は自分で勝手にタスクを作って置くと、先輩の手を煩わせることがなく、スムーズに仕事に取り組めると思います。

行動②:任された仕事は早めに対応する

任された仕事は自分の中で納期を決め、出来るだけ早く完成させるように努めました。

配属された当初、任された仕事は完璧にしようと努力しました。

しかし、自分が完璧にこなしたつもりで実施した仕事も、結局先輩から多く指摘を受ける結果になりました。

何より、先輩から

「仕事をキッチリしても納期が遅れれば意味ないぞ」

と言われたことは堪えました。

質の良いものにしようと、夜遅くまで残り時間をかけすぎていたからかもしれません。

そもそも新入社員は、まだ実績が何一つなく、経験も浅いです。

それなのに、最初から質のいいものを作ろうと考えるのは、よくないと気付きました。工数のムダでした。

そこから私は、「完璧な仕事よりも、早く仕事を終える」ことを優先して実施するようにしました。

早く仕事を終わらせ、その後間違いを修正する方が組織として効率的だから。

最初から時間よりも質を優先してしまうと、納期が間に合わず後戻りできる余裕がなくなってしまいます。

この頃から、先輩によく指摘されるようになりました。先輩も私の扱いに慣れてきたんだろうと思います。新人時代は正確さよりも、早さを優先した方が先輩からの印象もよくなりました。それでも期待する程、仕事は増えませんでした…。

行動③:上司への直談判

上記の2つの行動をアグレッシブにやってきましたが、それでも仕事は増えませんでした。

これでは、仕事が私に回ってくることがなく、自分を採用してくれた会社に貢献することもできません。

こういった悩みは、本来なら、まずは一番近い先輩に相談しなければいけません。

ですが、それまでのことを考えると、頼ることができませんでした。

不満が限界を超えた私は、先輩よりもさらに上の立場の上司へ、

「仕事を振ってもらえないか」と直談判しました。

この行動によって、上司も気付いてくれました。

その結果、本格的に仕事をもらえるようになりました。

その後:新人でも積極的に行動すれば仕事はもらえる

今思い返せば、先輩や上司が仕事を振ってくれなかったのは、

研修が終わってまだ業務経験のない私に、「仕事を任せても大丈夫かどうか」がわからなかったからだと思います。

しかし、新人でやる気一杯だった私には、彼らの気持ちは理解できませんでした。

「早く仕事が欲しい」
「会社に貢献したい」

という思いで一杯でした。人によると思いますが、

1つ言えることは、何もしなかったら腐ってたなという事だけです。

「仕事を振られるのを待つだけ人間」になっていたかもです。

この出来事がきっかけで、今では物おじせず先輩や上司に相談ができるようになりました。新人だからとためらわず、自分の考えに従って行動できたことは、良かったと思います。

自分のキャラを知ってもらうのも解決の糸口だった

以前、新人時代の時の私の印象を聞く機会がありました。

その時、上司や先輩に

「何を考えているのかわからない人間だった。だから、素直な自分の気持ちを打ち明けてくれたことは本当に助かった。」

と言われました。

新人のうちは、「自分でやれることを考えてやる」だけで十分だと思っていました。しかし、早く仕事を任せてもらうためには、現場の方々と打ち解け、自分がどういう人かを知ってもらうことも大切だと分かりました。

新人SEは初めが肝心だったかも

新卒SEx仕事がない現場に配属した人は、私と同じように成果を出せないことで苦しんでいる人もいるかもしれません。

少しでも参考になればと思います。

あわせて読みたい

当ブログのシステムエンジニア体験談集です。

システムエンジニア体験談集|働くログ

最近の人気記事 3選です。

よく読まれている記事を3つ厳選です。なんだか働き方の変化も大きいですが、参考までに掲載しています。