牧場の仕事は相当きつい【牛が変態レベルで好きな人向け】

たくろー

働いた体験談、蓄積してます。

牧場の仕事って朝は早いけど、どこかほのぼのしてて自然一杯で魅力的…
実際どうなんだろう?

「でも、実際世話するのは動物だし。待ってもらえる訳でもないし。重労働なのかな?」

これは、若手女性が牧場の仕事をした体験談です。

やってみて分かったことは

変態レベルで牛が好きな人でないと正直きついです。

  • 朝が早い
  • かなりの体力仕事
  • フンの掃除とかで自分も臭くなる
  • 牛に蹴られる・踏まれると骨折の危険がある
  • 髪の毛引っ張られる

「犬や猫が好き」くらいの生半可な気持ちでは続かないと思います。

私も始めは舐めてかかっていました。

そして打ちのめされました。

[ads]

牧場の仕事のイメージ

「牧場で牛の世話をしています」というと大抵の人は、

「いいなぁ。牛可愛いし癒されそう」
「仔牛に哺乳してみたい!」
「楽しそう」
「人間社会に疲れたし、牛の世話しながらのんびりしたい」

というようなコメントをいただきます。

確かにイメージとしてはそんなもんですよね。

多分、皆さんがイメージするのは観光牧場にいる牛だと思いますが、

あれは、「観光用に大人しい牛が選別されている」だけです。

牧場の仕事を始めたキッカケ

私の地元に牧場が経営するジェラート屋さんがあって、ジェラートを食べに立ち寄りました。

ちょうど就活中で、「スタッフ募集」の張り紙を見つけました。

「カフェのスタッフやってみたいなぁ」と軽い気持ちで、応募しました。

私が面接に行った時期は冬前です。

  • 冬場はお客が少ないのでカフェの仕事も少ない。
  • 春先になればお客が増えるので仕事も増える。
  • 牛の世話をしておけば、店に立った時お客に牛の話ができる。

と言う流れで、当初の希望とは違う「牛の飼育」をすることになりました。

いかにもカフェのスタッフを急募している求人でしたので、だまされた感じです。

でも、やってみないと分からないので、牧場の仕事に就くことに決めました。

牧場の仕事内容

私は畜産関係の学校を出たわけでもなく、牛に関する知識や興味があったわけでもありません。

必要なのは、

  • 体力
  • 根性
  • 忍耐力

これが高レベルであれば大丈夫かと思います。

逆にこの3つがないと続けられないと思った方がいいです。

若者であれば、なんとか根性で乗り切ることも可能です。

働く時間

朝早いので早起きが苦手な人には酷かもしれません。

午前6時~11時頃まで仕事をして、一旦家に帰り休憩をします。

そして夕方からの搾乳に合わせ、午後4時~8時頃まで仕事をします。

トータルすると、1日の労働時間は8~9時間でした。

私の働く牧場は、規模が小さめなのでこのような勤務形態ですが、規模が大きい所だとまた違うのかもしれません。

この仕事に休日はありませんが、私はバイトなので割と自由に休みをもらっています

牧場のオーナー夫妻は、ほとんど休んだことがないそうです。

仕事の1日の流れ

大抵の人がイメージするのが「乳搾り」だと思います。

私のいる職場は乳牛の牧場なので、もちろん「乳搾り」がメイン作業になります。

担当した仕事の1日の流れ

  • 前日に撒いた牛の餌(牧草)を大きなスコップを使って回収
  • 牛のフン掻き
  • 搾乳機(乳搾りの機械)などのセッティング
  • メイン業務である搾乳(80頭程いるので約2時間かかります。)
  • 仔牛のいる牛舎掃除
  • 仔牛の哺乳と餌やり

午前・午後共に同じ作業をします。

社員は、これ以外に重機での作業や出産間近の牛の世話などをしています。

[ads]

搾乳前の前搾りは危険

この仕事を始めた頃、私はこの「前搾り」と言う作業が苦手でした。

搾乳機で絞る前に行う作業なんですが、手でお乳を絞るのって意外と難しくて最初は苦戦しました。

そして、この作業の時こそ牛に蹴られる確率が高いのです。

乳房を触られるのを嫌がる牛も結構いて、触ろうとするだけで蹴られたりします。

「〇〇牧場の乳搾り体験」なんてのがありますが、あれを実際の搾乳だと思ってはいけません。

この仕事に就いて、牛恐怖症になりました。

牛たちは人間をよく見ています。

新参者がくると性格の悪い牛もいて、気に入らないと足で蹴ってきたり暴れたりします。

バイトなのにこんなに危険なことまでして、毎日辞めたいと思っていました。
搾乳中に牛に足を踏まれ小指の骨を折りました。

でも、こんなの序の口だそうです。

スネを思い切り蹴られて骨折したり、ヨロけてこけた瞬間に顔を踏まれたりとか・・・。

先輩たちは色々な経験をしてきたみたいです。

バイトで骨折しても序の口と言われても、よく分かりませんよね。

普通の感覚ではできない仕事です。

慣れると少しだけ楽になる

素人ながらに感じることですが、この仕事は誰かに教えてもらうと言うより、牛に慣れないことには始まらないと思います。

機械の使い方や掃除の仕方は教えてもらえますが、牛との相性は誰も教えられないですもんね。

この仕事を始めて2ヶ月程ですが、少しづつ牛に慣れつつあります。

怖いことに変わりはないですが・・・。

最初は暴れてた牛も、最近はちゃんと絞らせてくれるようになりました。

やっと、ほんの少しだけ楽しさを感じれるようになってきてます。

感動もあります

目の前で仔牛が産まれるのを見たときは感動しました。

牛って産まれて数分もすると普通にトコトコ歩くんです。

そうでないと敵に襲われちゃいますもんね。

動物って強いなぁと思います。

切なくなる時もあります

メス牛は産まれたら乳牛として育てられますが、オス牛は肉牛としてよそに売られていきます。

また乳牛もお乳が出なくなれば、食肉になります。

牛たちは出なくなるまで乳を絞られ、最後には食肉となり私達人間を生かしてくれているのです。

そう思うと感謝しかありません。

でもやっぱり怖いです。

まとめ:相当きつい・牛は怖い

この仕事は、「動物と触れ合えるから楽しそう」という簡単なものではありません。

当たり前ですが、彼らは人間のように言葉を発するわけではありませんので、気持ちの変化が分かりません。

大人しくしているかと思えば、急に暴れ出したり蹴ってきたり、常に危険と隣り合わせの仕事です。

ですので「自分の身は自分で守る」という覚悟が必要です。

あわせて読みたい

牧場の仕事がよく分かる動画がありました。あわせて見てみると、実感が湧いてきます。

牛を育てる【農業と私たちの暮らし】

[ads]

最近の人気記事 3選です。

よく読まれている記事を3つ厳選です。なんだか働き方の変化も大きいですが、参考までに掲載しています。