【体験談】警備のバイトは全然楽じゃなかった話

たくろー

働いた体験談、蓄積してます。

警備員と聞くと、とりあえず立っとけばいい仕事そんなイメージですよね。
退職後のセカンドステージの仕事としては、年輩の方に人気です。

たしかに、だれでもやりやすい仕事ではありますが、現場によっては自分の安全もしっかり確保する必要があります。

もし警備の仕事を考えているなら、立ってればいいでしょ?という感覚ならやめておいた方が無難です。警備の仕事をちゃんとやろうという意識がないと少し危ないかなと思います。

これは、警備員のバイトを1年以上した体験談です。

警備員はできればおすすめしない

警備員をやって思うことは、できれば警備員ではない仕事を選んだほうがいいよ。

ということです。

なぜなら、スキルアップするわけでもなく、給料がどんどん上がるわけでもなく、それなりに危険もあるからです。

どうせなら、もう少し安定感のある仕事を選んだほうがマシです。

とは言ったものの、まったくやりがいや将来性がない訳でもありません。

警備員を志望するのであれば、一度読んでおくといいです。

警備員を応募したキッカケ

私が若者でありながら、警備員を始めた理由は「人とかかわるのが極端に苦手」なためです。

人とかからなくてもやっていける仕事を探すこと自体、嫌で引きこもっている時期もありました。

でも、家に居ても暇です。

悶々とした生活も辛いので、少しは仕事してみようかと警備員を応募しました。

警備員を始めてみて

警備会社を受けてると、あっさり採用されました。

バイトでしたが、ちゃんと研修があります。

どうやら法律で研修が定められているとかで、結構しっかりした研修を受けさせられます。

この研修分も後に、給料としてもらえました。

その時は、ラッキーくらいにしか思っていませんでした。

現場に入ってからさっそく警備員の仕事のキツさを味わうことになりました。

初めての警備は、工事現場での人の誘導業務です。

それなりに人の往来がある所だったので、ひっきりなしに来る人を誘導しないといけません。

工事の邪魔になるような誘導をすると後で、罵声が飛んできます。

「初めてなんだから、しょうがないだろ…」と思いつつ、肩身の狭い思いをしながら一日が過ぎました。

トイレとか休憩とか、自分から言わないと取らせてくれませんでした。

自分から動かないとひたすら我慢させられるので、ハッキリ意見することが重要だなと感じました。

仮設トイレも汚いし、昼ご飯とかゆっくり食べれる環境でもありません。

はじめは、毎回嫌で嫌でしょうがなかったです。

警備員を1年やってみて

仕事の現場に多少慣れてきても、どうしても慣れないことがあります。

それが「夏場の外の現場」です。

冬場は厚着すれば、なんとかなりますが、夏場はとにかく暑いです。

休憩を細目にとるように言われますが、

「休憩って言われても、涼しい所なんてないじゃん…」

せめてもと、日陰に入ったりはしますがそれでも暑すぎます。

熱中症対策なんて十分には出来ません。

とにかく水分をとるようにして、タオルを濡らして熱を逃がすようにしてました。

夏場の外の警備だけは、今はやらないようにしています。

「きつすぎです…」

暇すぎる現場は瞑想が必要

警備員としては、適度に体を動かしたりできる方が時間が経つのも早く感じるし楽です。

でも、施設警備だとひたすら立ってる仕事もあります。

スマホでゲームでもやってていいなら楽ですが、ただ立っているのはキツイです。

苦にならないと言っていた先輩がいたので、コツを聞いてみると、「瞑想ができる」と楽だよって言ってました。

本当か嘘かわかりませんが、精神世界に半分入っているような感じになると苦にならないんだそうです。

道路に面していると危険も多い

車の往来が多い所で、警備の仕事をしているとやはり危険を感じることが多いです。

車体の大きな車がいる時は、その陰から何が出てくるかとか、その陰の存在に気付かないで突っ込んでいく自転車がいないかとか注意しないといけません。

私自身、不注意でひかれそうになったこともあります。

命張ってまでやる仕事じゃないよね…とは思いつつも、安全に現場を保つのが仕事なので関わる以上は責任感が必要です。

やりがいは、危険予知とかで現場を安全に保てた時

やりがいはやっぱり警備がちゃんとできたなと感じた時です。

人の誘導なので、危なそうなタイミングを回避しながら工事も邪魔しないような案内ができたときは嬉しいです。

工事などは近所の人と顔なじみになることもあり、ちゃんと仕事ができていると優しく話しかけてくれる人もいます。

こういう時に、頑張って良かったなとしみじみしたりします。

まとめ

警備の仕事やっていると分かりますが、警備会社の中は男の縦社会です。

あまり雰囲気が良くない気がします。

また、工事現場などは体育会系の人が多く言葉遣いも良くないです。

給料も安いので、出来ることなら他の仕事の方がいいと思います。

女性の方も時々いますが、トイレの環境がしっかりしているかなど自分から色々を聞いて環境の整っているところで働くならアリだと思います。

男の縦社会なので、基本的にはオススメしません。

まったくやりがいがない訳でもなので、若者が一時的にやる分には問題ないかと思います。

高校生は夜間(午後10時~午前5時)はバイトできないので注意

高校生でも、警備員のバイトは求人があります。

人見知りの人もまあまあいると思うので、警備員から始めてみても良いかもしれません。

ただし、高校生は夜間バイトが法律で禁じられているのでご注意ください。

以上です。

最近の人気記事 3選です。

よく読まれている記事を3つ厳選です。なんだか働き方の変化も大きいですが、参考までに掲載しています。