雇われ美容師の将来性は厳しい【悔しいけど諦めました】

たくろー

働いた体験談、蓄積してます。

美容師を目指して、美容学校に入る若者は結構います。

「スタイリストまでいけば、イッパシとしてどこでもやっていけるようなイメージもあるけど本当なの?」

憧れのある職業な反面、諦める人もいるお仕事だったりします。

これは、美容専門学校に通い資格までとったのに、美容師を諦めた体験談です。

結論としては、

美容師としてのビジョンをしっかり考えておくべきでした。

この痛い経験をもとに、美容師の就職に対する疑問に答えます。

アシスタント時代は安月給

美容師になりたくて、美容専門学校に通ってました。

足りない生活費は、居酒屋でバイトをしながらやりくりする普通の美容学生でした。

入学から1年半が過ぎて、就職活動の時期を迎えてました。

美容学生と言うのは、国家試験の前に就職先を決めておくと言うのが一般的です。

入学してから、段々と理解し始めた現実は、美容室の給料の低さです。

好条件な仕事にありつくため、毎日求人の情報を確認したり、勉強をしたりバイトに行ったりと忙しい日々を過ごしておりました。

その時の新任美容師の給料は、バイトにも負けるくらい安かったです。

技術を磨けるんだから、しょうがないというのが大体の意見みたいですが。

給料安すぎです。

それで生活出来るんですか?って位安いところばかりでした。

給料重視で就活

そういう訳もあって、給料面を重視して就活してました。

実家通いな人は、給料よりも環境で選んでましたが、そんなこと言ってられる状況ではありませんでした。

当時、私の見ていた求人情報では10万円〜16万円ぐらいで16万円だとかなり良い方でした。

平均的に13万円ぐらいが多かったと思います。

その上で、お店の雰囲気や福利厚生がちゃんとしている所を見つけないといけない…

好条件の美容室を探すのは、とてつもなく大変です。

私は合間をみてサロン見学をして、1つの会社を見つけました。

そこは個人ではなく会社でやっているので将来性もあり、給料が16万円のボーナスあり、福利厚生も全て兼ね揃えて週休2日制、有給もありの自分が思う最高の条件でした。

ここに応募して、あっさりと受かる事が出来ました。

美容師と限らずではありますが人手不足が大きく影響しているんでしょうね。

美容室への就職を考えているのであれば、就職自体はそんなに難しくないと思います。

難しいのは、国家試験をクリアして美容師になるまでです。

先輩から学ぶ美容師の大変さ

給料は低いのに、朝から晩まで時間拘束があり、永遠と練習をしなければいけません。

練習は、ありがたくさせてもらうものだと分かっても夜遅くまでだとそうも思えません。

それと、どれだけ疲れていてもお客さんがいるから笑顔を作らなければいけないのも苦行です。

本当に美容が好きな人しか続けていけないような厳しい職業だと感じていました。

美容関係に進もうと考えている方への選ぶポイント

・給料が16万円以上(今でしたら20万円を目安にして良いと思います)
ボーナスもある所がおすすめです。

・福利厚生(雇用保険、健康保険、労災保険、厚生年金)がちゃんと付いているのか?

・休みはしっかり取れるのか(週休2日制、有給休暇)

・会社でやっている美容室でアットホームな所の方が、将来性があり良いと思います。

後は、住宅手当や交通費を確認しておくと、より良い職場が見つかると思います。

結局、美容師を諦めた

美容室から採用はもらえましたが、やはり拘束時間が長すぎるのと、給料に我慢できず美容師を諦めました。

なんのために、専門学校通っていたのか意味が分からなくなりました。

美容の仕事自体は好きだったので、諦めるのは辛かったです。

でも、先に就職した先輩の話はダークな話題が多く、どうしても前向きになれませんでした。

1度は就職してスキルを磨いて上を目指すのが筋だと思いましたが、

その先では独立する資金が必要なことも分かっていました。

まわりでは、ダブルワークで夜の仕事を掛け持ちしながら、いつか独立することを目指す人もいました。

先輩にどんな日々か聞いてみたら、ハードワーク過ぎて余計にやる気がなくなったのを覚えています。

結局、私は居酒屋にスカウトされそちらに就職いたしました。

理由としては、やり慣れた仕事で給料が格段に良かったからです。

美容は趣味にしようと決めました。

美容師は趣味にするのもアリ

トライもせずに、諦めてしまったことは少し後悔していますが、当面の生活を考えるとしょうがなかったかなと感じています。

地域だったりご時世でも、随分条件は変わります。

いつの世でも、納得できる美容室を粘り強く探すことはかなり重要と思います。

私の場合は

美容師が嫌いにならずに済んだと思っています。

美容専門学校で習ったことは、とても有意義でしたし、習いたいことを存分にやれたのは今でもいい経験です。

独立しないと厳しいというのは本質的には、変わっていないように見えますが、大分改善もされている業界です。

これからの学生さんは、前向きに美容師としての将来を考えて邁進すれば良いと思います。

あわせて読みたい

下積みはキツいですが、スタイリストまでいけば悪くないもんです。

[ads]

最近の人気記事 3選です。

よく読まれている記事を3つ厳選です。なんだか働き方の変化も大きいですが、参考までに掲載しています。