【評判】眼科検査員は辞めたい人は人間関係がダメ

たくろー

働いた体験談、蓄積してます。

コンタクトとメガネ測るときの眼科のスタッフって、資格とかいるのかな?
落ち着いた接客の仕事だし、やってみたいかも…

眼科でレンズ調整してくれるスタッフさん
一般的には、眼科検査助手とか眼科検査員と言われます。

これは、眼科の検査助手として10年働いた体験談です。

やってみて個人的に感じていることは、

眼科での眼科検査員の仕事は、1人1人じっくり接客できるのが魅力的なポイントでした。

  • 人間関係が良い職場だと、長く続けられる
  • 資格は無くてもやれるが、あった方がいい
  • 給料は少ない
  • 人間関係が良くないと、辞めたい気持ちになる。

そんな体験談お伝えします。

[ads]

眼科で働くきっかけ

「大人なんだし、ちょっとは落ち着いた所で仕事した方が安心だよ。眼科などの病院系の仕事は安定感あるし、悪くないよ。」

20歳の頃、知り合いに勧められて求人に応募したことから始まりました。

当時は、何がしたい訳でもなく仕事も決めてませんでした。

「いつまでも、バイトみたいな事してる訳にもいかないし、ダラダラ生活してたら親も黙ってないだろう…」

ただ、それだけの理由で応募してみることにしました。

応募した時、正社員で働いた事がなかったので、面接もドキドキしながら受けました。

面接はあっさりとしたもので15分程度で、あっという間に終わってしまいました。

全く自信はありませんでしたが、無事その日のうちに内定を頂くことが出来ました。

眼科の検査助手の仕事とは?

そこの眼科は検査員不足ということで、外来で視力検査するときの助手を任さえれました。

「何も知らない私でも出来るんだろうか?」

と不安でしたが、

一から教えてもらい、仕事にも慣れることができました。

検査は日々練習で、数をこなしていけば上達します。

もう10年くらい検査に携わってますが、今でも日々勉強です。

人それぞれなので、マニュアル通りにはいかないこともあります。

データ通り眼鏡のレンズで矯正すると視力が出る人出ない人が出てきます。

データが取れず様々なレンズを入れ替えして、より良いレンズを導き出す事など一定ではありません。

そんな時は知識と経験を活かし、それでも分からない事は先輩や先生に聞いています。

そして、患者さんに一番良い視力を導き出す事に徹してます。

[ads]

人間関係について

人間関係については、とても恵まれていると思います。

みんなとても優しく、自己主張をし過ぎず、協調し合いながら過ごせてます。

困ってる時に自然と助けてもらえるので、逆の場合も率先して手助けしたいと思い行動することができます。

休憩時間も楽しく過ごす事ができ、歓送迎会や忘年会などの院外行事でも二次会、三次会と盛り上がります。

他の病院で働いたこともありましたが、やはり職場によっては仲の良い人、そうでない人とがいました。

・自分が一番と思い過ぎて、他人の仕事を認められず文句ばかり言ってしまう人

・やりたくない仕事の時は、フラッと居なくなってちゃんと仕事をしない人

スタッフも色んな人がいます。

一生懸命頑張ってる人ももちろんいます。

辞めた今でもたまに飲みに行く位、仲の良い先輩は出来ました。

給料は安め

正社員の基本給が11万、手当て込みで手取り13〜15万位でした。

月々は決して高くありませんが、ボーナスが夏と冬の2回あります。

夏は1.5ヶ月分、冬は2.5ヶ月分でした。

バイトではもらえないので、これはかなり嬉しかったです。

このボーナスのため半年、また半年と頑張って続けられてたのかもしれません。

私は一度退職をしていて、復帰した今はパートとして、時給1050円で働かせてもらってます。

有給は非常にとりやすい

検査員が自分を含めて3人体制の病院のため、有給はとても取りやすかったです。

妊娠中や産休明けの体調不良など、急なお休みも有給で対応していただけたりしたのでとても助かりました。

残業はほとんどなし

残業はほとんどありません。

残業は前もって月の初めに担当の曜日を決めていました。

そのため、あたってない人は定時で帰れますので、月に数回程度でした。

残業代も出ますが、残業時間も少ないので決して多くはありませんでした。

協調性がない人は続かない

国家資格の視能訓練士を持ってる人は、優遇されやすいです。

色んな人が居ますので、もちろん人間関係が問題になる事もあります。

有資格者の人は習ってきた事と、現場でのやり方が異なったりすると困惑していることが多いように思います。

有資格者だからという訳ではないですが、現場の流儀に従おうとせず、自分を通してしまう人は人間関係も良くないことが多いです。

そうやって孤立していくと、辞めたい気持ちになり職場にも来なくなることが多いです。

うまくやっていくコツは、その人その人に合わせていく事が必要なのかなと思ってます。

資格があろうがなかろうが、新人さんはとにかく教わる事はメモするなどしてしっかりそこのやり方を身につける事が大切です。

わからないまま何度も同じ事を聞いたり、勝手に判断をする事で少しずつ関係性が崩れていきます。

続けられる理由

なんだかんだでこの仕事にやりがいを感じています。

視力の出にくかった患者さんが、手術をしてよく見えるようになって喜んでる姿を見るととても嬉しく思います。

なによりも人間関係の良い職場なので、辞めた後でも戻りたいと思え、復帰して続ける事が出来てるんだと思います。

最後に

病院の外来の仕事は立ち仕事だったり、体力勝負な部分があります。

それでも、人間関係の良さや検査員としてのやりがいを考えるといい仕事だなと感じています。

やりたいこともないフリーターとして暮らしてなくて、よかったなと感じています。

「ちゃんと自立して働いているのと、フリーターで食いつないでいるのとでは雲泥の差です。」

眼科のお仕事に少しでも興味をもっていただけたら幸いです。

[ads]

最近の人気記事 3選です。

よく読まれている記事を3つ厳選です。なんだか働き方の変化も大きいですが、参考までに掲載しています。